自己分析おすすめツール10選!診断を活かして客観的に自分を知る

自己分析は就活の時にとても重要になってきます。

自分の志望企業を見つけるためにも大切ですし
面接の時に自分をアピールするためにも大切です。

就活に限らず、「個の時代」とも言われている現代では
自分について知っていることは大きな価値を持ちます。

ただ、「自分のこと」というのは知っているようで意外と知らないものですよね。
客観的な指標が欲しいという時に1つおすすめなのが
自己分析ツールです。

そこで今回の記事では

・自己分析ツールはどう活かしたら良いのか
・自己分析ツールにはどのようなものがあるか
・それぞれの自己分析ツールにはどのような特徴があるのか

上記のような疑問をお持ちの方に向けて
自己分析ツールの種類や特徴を紹介していきます。

自己分析のお供にぜひご活用ください。

自己分析ツールの活かし方

analyze2

自己分析が重要な理由

冒頭でも述べたように
志望企業を見つけるためにも、内定確率をあげるためにも自己分析は重要です。

志望企業に合格することも、もちろん重要ですが
それと同じくらい重要なのが企業選びです。

入社してから「思っていたものと違った」となってしまうのは避けたいですよね。
そんなミスマッチを避けるためにも、自分について知ることが重要になってきます。

自分は働くにあたってなにを重視しているのか、何が好きなのか、
どんな強みがあるのか、どんな性格なのか、を知ることによって
自分に合った会社を見つけることができます。

 

実際の面接でも、企業としては自社との相性の良さや
熱意のようなものを採用基準として重視しています。

なので、自分と企業の相性の良さや志望度をアピールするにあたっても
自己分析は欠かせません。

自己分析ツールの活かし方

自己分析の方法はいろいろありますが
その中でも今回紹介するのは自己分析ツールの利用です。

いくつかの質問に答えていくことで
自身の性格や強みを判断するもので
誰しも一度くらいはやったことがあるのではないでしょうか。

「あんな質問だけで、自分のことなんてわかりっこない」と
思う方もいるかもしれませんが

もちろん診断の結果が全てではありません。
ただし、質問に答えるだけという手軽さで
自身の傾向などを判断してもらうことは

1つの客観的な指標にもなりますし
その後さらに自己分析を深めていくにあたって良い足がかりとなります。

診断単体で使うのではなく
自分なりに深ぼったり、他人に聞いてみたりすることとセットにすることで
診断はより有効になります。

このあと紹介するように
無料で精度の高い診断もたくさんありますので
複数組み合わせて判断するもおすすめです。

いろいろある自己分析ツールの中から
おすすめを10こ選ばせていただきましたので
以下で紹介していきます。

 

自己分析ツール10選

analyze3

キミスカ適性診断

キミスカ

1つ目がキミスカ適性診断。

「キミスカ」という逆求人型の就活サイトで実施される適性診断です。
最大の特徴は、この診断結果をもとにスカウトが来るということです。

スカウトの基準としても使う診断である以上
精度にもこだわっていて質問数は150問。

分析結果も詳細で性格、意欲、価値観など9つの項目で
点数をつけたレポートを表示してくれます。

自己分析をしつつ、スカウトがもらえるチャンスというと
使わない手はないですね。

キミスカ詳細はこちら
完全無料でスカウトを受け取れる!

ストレングスファインダー

strength

2つめはストレングスファインダー。
アメリカのGallup社が提供する自己分析診断です。

これは今回紹介する中で唯一有料ですが
世界で1000万人以上の人が実施しているという実績があり
企業でも採用しているところがあるほどです。

177の質問に答えることで34の強みのランキングを知ることができます。

Gallup社のホームページから診断利用料を払って実施することも可能ですが
診断をするためのアクセスコード付きの書籍を購入して実施することもできます。

書籍についてくるコードでは上位5つの資質しかわからないことと
中古で買うとアクセスコードが使えない点に注意してください。

Amazonでトム・ラス, 古屋博子のさあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0。アマゾン…

Gallup公式はこちら

グッドポイント診断(リクナビ)

goodpoint

3つ目はリクナビが提供するグッドポイント診断です。

無料版ストレングスファインダーという人もいるこのグッドポイント診断は
300問近い質問に答えることで
18種類の強みのうち上位5つを教えてくれます。

グッドポイント診断詳細はこちら

適職診断MATCH plus(マイナビ)

matchplus

リクナビとくれば次はマイナビです。

マイナビが提供しているのが適職診断MATCH plus。

150問以上の質問に答える診断で、
強みや性格だけでなく

最適な業界や職種までも教えてくれるのが特徴です。

適職診断MATCH詳細はこちら

キャリタスQUEST

QUEST

5つ目はキャリタスQUEST。

就活サイトキャリタスが提供する診断で
ドラクエゲームのような画面に表示される質問に答えることで
診断できる遊び心満点で気軽にできる診断です。

キャリタスQUEST詳細はこちら

エニアグラム

エニアグラム

6つ目はエニアグラム。

性格を9つのタイプに分類する診断です。
精神科学や心理学に基づいている点が特徴で
「日本エニアグラム学会」というものもあります。
エニアグラム詳細はこちら

S-KIT

SKIT

7つめはS-KIT。

Strategic Management KITは
約1時間の診断で強みを判定してくれます。

S-KIT詳細はこちら

Mgram

Mgram

8つめはMgram。

一時期TwitterやInstagramで大きな話題となりました。
世界で900万人以上に利用されている性格診断で
105の質問に答えることで
自分を構成する8つの性格を教えてくれます。

Mgram詳細はこちら

Anlyze U+

AnalyzeU+

9つめはAnlyze U+。

スカウト型の就活サービスであるOffer boxが提供する診断です。

250の質問で、社会人基礎力と次世代リーダー力を判定してくれます。
キミスカと同じく、スカウト型への登録もかねているのも特徴です。

Analyze U+詳細はこちら

ポテクト

ポテクト

10こめはポテクト。

「POTECT」はPotential(可能性のある、見込みのある、潜在的な)とDetect(見つける、発見する、検出する)を組み合わせた言葉だそうです。

診断結果が無料のものから3500円のものまであり
特に3500円のレポートの詳しさには目を見張るものがあります。

一番安く1枚にまとまったレポートはSNSでシェアすることで無料となります。

ポテクト詳細はこちら

ツール以外での自己分析

conpiness3

ツールはあくまで傾向を教えてくれるだけですので
ツールだけでは自己分析は完結しません。

身の回りの人に自分の印象を聞いてみるのも非常に有効です。
他人に聞くことで、客観的、かつ、具体的な意見を聞くことができます。

 

他にも就活エージェントを利用するという方法もあります。
就活のプロに面談してもらいながら一緒に自己分析をしてもらうことができます。

 

2019年のビジネス書ベストセラー1位『メモの魔力』前田裕二には
巻末付録として前田さんが実際にやったという自己分析問題が1000問のっています。

前田さんは就活の時に自己分析なら誰にも負けないという自信を持って挑んだそうです。
自己分析を極めるなら『メモの魔力』もおすすめです。

 

自己分析ツールで自分についての理解を深めよう!

analyze4

気軽にできるものからガッツリ時間がかかりそうなものまで
実にたくさんの自己分析ツールがありますね。
しかもほとんどが無料。

気になったものからいくつか試してみて
自己分析に役立て、就活の成功にお役立てください!

Sponsored Link