就活男子のパーマはNG?与える印象と髪型の注意点を解説!

この記事を読んでいるあなたは、

  • 就活にパーマをかけていっても大丈夫(ダメじゃない)か知りたい。
  • 就活にパーマをかけていった時に、面接官に与える印象を知りたい。
  • 就活で注意すべき髪型のポイント(注意点)が知りたい。

上記のように考えているかもしれません。
この記事では、そんなあなたに就活でパーマが何故NGなのか︖そのダメな理由と、面接官に与える印象をお伝えしていきます。

就活男子のパーマはNG?

就活中の外見は、面接においてとても重要な部分になります。

その中でも、髪型というのは面接官があなたに対して抱く印象に大きく関係する部分になりますので、しっかりと対策を行う必要があります。

「金髪」や「長髪」など一見して面接に不向きな髪型であれば、悩むことなくNGだと判断することができますが「パーマ」についてはどうでしょうか。

就活男子の中には、パーマぐらいであれば「OKかもしれない」と考えている人がいるかもしれませんが、結論からいうと「パーマ」についても「NG」と考えたほうが良いでしょう。

就活では髪型が面接結果に大きく影響するため、その場に相応しい髪型をすることが非常に大切です。

就活は印象が大事

面接官があなたに抱く「印象」というのは、就活を行う上でとても大切で重要な部分になります。

履歴書、志望動機、自己PR、企業への質問の下準備など、就活には様々な事前準備が必要になってきますが、これらの準備をどんなに完璧に行っていたとしても、この「印象」が悪くては、就活の努力が全て台無しになってしまう可能性があります。

就活においては、面接官に「良い印象」をもってもうことが最初の第一関門であり、この第一関門を突破する上で、髪型は大きく影響してくるということを、念頭に置いておく必要があります。

第一印象でイメージは決まる

人に抱くイメージというのは、その人から感じ取った第一印象を基にして、無意識下で決定されていることをご存知でしょうか?

しかも、このイメージが決まるまでの時間は出会って数秒といわれており、そのイメージは「外見」だけで8割~9割を占めるといわれています。

面接官へ与える印象とNG理由

ask1

様々な面接官がいるため、一概に言うことはできませんが「パーマ」という髪型自体に良いイメージを持っていない面接官もいます。

また、どんなに似合っていたとしても「パーマ」という髪型が持つイメージのせいで印象が悪くなってしまうことがあります。

清潔感に欠ける

就活では清潔感が求められます。

ボリュームのある髪型はまとまりが出ないため、清潔感に欠けるといった印象を持たれがちです。

就活に相応しい「清潔感のある髪型」とはいえないでしょう。

真面目さが薄れて軽率に見える

お洒落なイメージを持つ人が多い「パーマ」ですが、就活においてはカジュアル感が強いため、真面目に見られにくい髪型です。

また、「パーマ」で就活に臨んでいること自体が「不真面目で軽率」と取られる恐れもあります。

就活男子の押さえておきたい髪型の注意点

hairstyle-Attention

就活を行う上で、最低限ここだけは押さえておきたい髪型の注意点を3つ紹介します。

ここで共通して大切にすべきは「真面目な印象」と「清潔感」です。

おでこ(額)を出す

おでこ(額)が髪で隠れていると、「パーマ」と同様、全体的に暗く重たい印象になってしまいます。

また、前髪が眉にかかっていると清潔感のない印象を与えてしまう恐れがあります。

おでこ(額)を出すことで、真面目で快活な印象になります。

襟足やもみあげは短く

基本的に、髪の毛が長いとカジュアルな印象になってしまったり、「清潔感」に欠ける印象となってしまいます。

また、襟足やもみあげが長い髪型は、面接官から見て「就活に相応しくない髪型」と判断される可能性があります。

襟足やもみあげを短くすることで、すっきりとした清潔な印象になります。

整髪料は控えめに

ワックス、ムース、ジェルなどの整髪料を付けすぎると髪がベタベタになってしまい「清潔感」が損なわれます

整髪料はあまり付けすぎないように注意しましょう。

整髪料を適度に使うことで、ツヤと束感を出すことができ、キリっとした「真面目」で「清潔感」のある印象になります。

就活中は好印象の髪型がおすすめ

hairstyle-End

ここまで就活男子の髪型について、解説してきましたがいかがだったでしょうか?

就活中は、「パーマ」など自分の好みの髪型をするのは我慢し、「真面目さ」と「清潔感」を意識した好印象の髪型にするのがポイントです。

就活の髪型で悩んでいる方は、是非今回の内容を参考にしてみてください。

Sponsored Link