内定保留の方法と伝え方。押さえておくべき注意点を解説!

この記事を読んでいるあなたは、

  • 内定保留の方法が知りたい。
  • 内定保留の注意点が知りたい。
  • 内定保留の理由をどう伝えるべきか知りたい。
  • 内定保留はどれくらいの期間まで待ってもらえるのか知りたい。

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、連絡方法から注意点まで、内定保留で押さえておきたいポイントについてお伝えしていきます。

内定保留の方法と伝え方

「’第一志望の企業の結果がまだ出ていない」のに、他の企業から採用通知が届いた。

こういったことが就活では起こります。

企業から届く内定通知は大体、回答期限が設けられています。

その場合は、提示されている期限内に、入社をするか辞退をるかの回答をしなければなりません。

また、回答期限が設けられていない場合は、大体3日から遅くとも5日以内に回答するのが、一般的なマナーとなっています。

もし、それ以降も第一志望の企業の結果を待ちたいという場合は、相手企業に「もう少し待ってほしい」とお願いする必要があります。

これが、内定保留です。

おすすめの就活エージェント
内定獲得におすすめの記事

内定保留の伝え方

内定保留を伝える場合の連絡手段として用いられるのは、電話とメールです。

基本的に、手紙でその旨を伝えることはありません。

電話で伝える

内定保留は、基本的に電話で行います。

相手企業に待ってもらっている状況ですので、直接電話をして確実に用件を伝える必要があるからです。

※メールでは、担当者が気付が付かない可能性があります。

メールで伝える

相手企業からメールで内定通知が届いた場合は、そのメールへの返信の際に伝えても問題ありませんが、担当者がリアルタイムに読んでくれるとは限りませんので、メールを送った後に、改めて電話で伝えるようにしましょう。

おすすめの就活エージェント
内定獲得におすすめの記事

理由を正直に伝える

嘘をつかず、本当の理由を正直に伝えることが大切です。

相手はこれまでに多くの就活生と接してきたプロですから、嘘か本当は見抜かれます。

ただし、いくら正直な理由を伝えるといっても、相手企業に対して「第一志望ではない」ということをストレートに伝えるのはおすすめできません。

企業側からすると、滑り止め感覚で内定保留されるのは、気分のいいものではありません。

正直に理由を伝えることは大切ですが、伝え方については工夫する必要があります

内定保留で注意すべきこと

recruit

内定保留を行う場合は、下記のことに注意するようにしましょう。

最終的にその企業に入社を決める可能性もありますので、せっかくの内定を失うような行動は避けるべきです。

軽い気持ちで保留しない

内定保留を行うことは悪いことではありません。

とはいえ、あまりよく思わない企業担当者も中にはいます

軽い気持ちで内定保留を申し出たことで、あなたの評価に影響が出ないとも限りませんので、よく考えた上で行いましょう。

期間は1週間~1ヶ月

内定保留の期間として一般的なのは1週間です。

また、その期間は自分で設定し、企業に提示します。

理由やタイミング、企業の採用状況によっては、1ヶ月待ってもらえる場合もありますので、長期の内定保留を希望する場合には、企業の担当者に相談してみましょう。

期限は必ず守る

期限を延ばしてもらえるのは1度きりと考えましょう。

そして、期限は厳守しなければなりません。

どうしても期限を延長してほしいという場合には、前もって企業の担当者に電話連絡を行い、事情を説明しましょう。

必ず担当者に伝える

電話をかけて担当者が不在だった場合には、電話に出た窓口の人に伝言を頼んでも良いですが、必ず改めて連絡する旨を合わせて伝えておきましょう。

そして、時間を置いた後に改めて電話をかけで、必ず担当者に直接伝えるようにします。

内定保留のリスク

recruit

内定保留を行う場合には、下記のようなリスクがあります。

このリスクは必ず伴うものではありませんが、こういったことが実際にありますので念頭に置いておきましょう。

入社意思が低いと思われる

場合によっては「面接時の話と違う」「入社意思が低い」といった低評価を受ける恐れがあります。

内定取り消しになる

企業側が採用を急いでいる場合や、他にも良い人材が控えている場合、タイミングによっては、内定取り消しになる恐れもありあります。

内定保留はよく考えてから行いましょう

recruit3

ここまで伝え方や注意点など解説してきましたがいかがだったでしょうか?

内定保留で重要なポイントは、リスクを理解し、正直に誠意を持って、確実に伝えることそして期限を守ることです。

ただし、時期(タイミング)によっては内定取り消しというリスクもありますので、内定保留を行う場合は、時期や状況などをよく考えて行うようにしましょう。

Sponsored Link