ベアリング業界とは?就職で気になる仕事内容と今後の可能性。

この記事を読んでいるあなたは、

  • ベアリング業界の仕事内容が知りたい。
  • ベアリング業界は今後どうなのか知りたい。
  • ベアリング業界について知りたい。

上記のように考えているかもしれません。
この記事では、ベアリング業界について、その仕事内容と今後の可能性についてお伝えしていきます。

ベアリング業界とは?

ベアリング業界

「ベアリング」は機械産業の中核を担う部品といわれています。

普段の生活の中で、ベアリングを目にする機会はほとんどありませんが、それは表面上目見えていないだけで、実はさまざまな機械の中で使われています。

身近なものでは、自動車1台に100個以上、バイク1台に20個以上、家庭にある機器類には約100個のベアリング。といったように、さまざまな場所で大量のベアリングが使われています。

この機械産業の中核を担うベアリングを世の中の各産業に供給しているのがベアリング業界です。

おすすめの就活エージェント
内定獲得におすすめの記事

日本のベアリング業界2強

日本のベアリング業界は、世界シェアの上位をほぼ占めており、国別では日本が世界シェアのトップです。

そして、この日本のベアリング業界をリードするのが、2強といわれる下記の企業です。

日本精工(NSK)

東京に本社を置く、従業員数31,484人(連結)のベアリングメーカーです。

世界シェア3位、国内シェア1位のベアリングトップメーカーとしてベアリング業界をリードしています。

自動車、風力発電、宇宙ステーションなど、さまざまな場所で日本精工(NSK)の製品が採用されています。

年間のベアリング生産数は、約22億個という驚きの数字です。

NTN

大阪に本社を置く、従業員24,199名(連結)のベアリングメーカーです。

世界シェア4位、国内シェア2位と、日本精工(NSK)に次ぐベアリング業界のリーディングメーカーで、ベアリングの技術を活かした「ハブベアリング」では世界シェア1位、「ドライブシャフト」では2位を誇ります。

自動車、鉄道車両、航空機など、さまざまな場所でNTNの製品が採用されています。

おすすめの就活エージェント
内定獲得におすすめの記事

ベアリング業界の仕事内容

ベアリング仕事

なかなかイメージしづらいベアリング業界ですが、一体どのような仕事があるのでしょうか。

ここでは、ベアリング業界で行われている仕事内容について見ていきます。

仕事のフィールドは広い

ベアリング業界の仕事のフィールドは非常に広く、幅広い業界に携わる仕事です。

ひと口にベアリングといっても、その種類はさまざまで、商品が違えば使われる産業も違ってきます。

日本のベアリング製品は、特に自動車産業に多く使われていますが、それ以外にも宇宙産業や航空産業など、さまざまな産業で採用れており、その産業の分だけ仕事の幅も広がります。

また、大手になれば国内拠点だけでなく海外にも複数の拠点を持っているため、仕事をする場所という意味でもフィールドは非常に広いといえます。

文系と理系で職種は変わる

ベアリング業界の仕事は、大きく分けて2種類「事務系の職種」と「技術系の職種」に分かれます。

傾向としては、文系は事務系に就く可能性が高く、理系は技術系やシステム系に就く可能性が高くなります

事務系:営業、生産管理、購買、総務、経理、広報、法務など

技術系:設計、研究、開発、技術、生産など

また、企業によってはジョブローテーションによって、文系・理系問わず他の部署の仕事を経験し、幅広いスキル・ノウハウを身につける機会もあります。

ベアリング業界の今後の可能性は?

ベアリング可能性

世界中のさまざまな産業で使われているベアリングですが、ベアリング業界の今後の可能性はどうでしょうか。

ここでは、ベアリング業界の今後の可能性について見ていきます。

ベアリングの関連市場

ベアリングの需要には、日本や海外のベアリングが関連する産業の市場動向が大きく関係します。

日本のベアリング業界の大手企業は、国内だけでなく海外各地にも複数の拠点を展開し、生産や販売をおこなっているため、各国の市場の影響を受けやすいという特徴があります。

今後も大きな可能性を秘めたベアリング業界ですが、関連市場の動向も関係することを覚えておかなければなりません。

自動車や機器メーカーの商品売れ行きも影響

ベアリングの国内需要は、自動車産業だけで50%を超えており、ベアリング業界の可能性は自動車や機器メーカーによっても大きく変わります。

ベアリング業界と自動車業界の関係性は非常に強く、ベアリングが多く使われている自動車や、機器などの売れ行きはベアリング業界にとっては非常に重要です。

自動車や機器メーカーの商品売れ行きの良し悪しが、ベアリング業界の売り上げにも大きく関わってくるため、今後も大きな可能性がある業界とはいえ、絶対に安心とはいえません。

ベアリング業界の仕事はグローバル

ベアリンググローバル

ベアリング業界は、世間的に表立って目立つことはありません。

しかしそれは、ただ表面上に見えていないだけで、ベアリングは世界各国のさまざまな産業で使われている非常に重要な部品です。

ベアリング業界の仕事に興味がある方は、是非この記事を参考にしてみてください。

Sponsored Link