学歴フィルターの実例。就活生の壁”学歴フィルター”とは。

こんにちは。人事担当のゆいきちです。

今回はかつてより社会問題としてもとりあげられている学歴フィルターについてお伝えしていきたいと思います。

そもそも学歴フィルターというのは大学名でフィルタリングをかけて、選考試験ないしは企業説明会の参加を断ることです。

私は現役の採用担当であったときは学歴フィルターというものは使ったことがありませんでした。

なぜなら採用におけるチャンスを失っていると思っていたからです。

私自身、同じ大学にいていろんな学生がいたと感じています。

この大学だからこんな学生と決めつけてしまうことは自社にとってマッチングする学生との接触ができなくなる可能性があります。

なので、学歴フィルターはもったいないことと思っていました。

現在の就職支援団体に来てから数多くの企業を回っていく中で実際に存在した事例がありました。

その事例については直接的にお話することはできませんが、学歴フィルターにまつわる事実とそこから企業はなぜ学歴フィルターを使うのかということをA・B・C社3社の事例を通してお伝えしたく思います。

さっそく行きましょう。

※学歴フィルター回避の方法を知りたい就活生はこちら

Sponsored Link

1.A社の事例

企業

先ほどもお伝えしましたが、企業訪問の中で学歴フィルターにまつわる事実がありました。

それはとある企業(便宜上A社とさせてください)を訪問した際のお話です。

ゆいきち「学歴フィルターについてどう思われますか?」

A社担当「答えにくい質問なのですが、実は当社は以前まで学歴フィルターを行っていたのです。」

ゆいきち「そうだったのですね。失礼いたしました。差し支えなければどうして学歴フィルターをしていたのか教えていただけますか?」

A社担当「はい。過去の話ですので大丈夫です。当社ではいわゆる学閥があります。選考試験においても『自分のいた大学の学生だから大丈夫だ』ということでどうしても一部の大学出身者に合格が偏っていました」

ゆいきち「つまりは人事側が意図せずに学歴フィルターになっていたということですか?」

A社担当「はい。。。恥ずかしながら」

ゆいきち「現在は学歴フィルターをしていないとのことでしたが、どうして辞められたのですか?」

A社担当「これも意図して辞めたわけではないのですが、やはり学生さんからから『あの会社は学歴フィルターがある』とうわさがたったり、この求人難の時代になってきて人が集まりにくくなってきたこともありなくなりました。」

ということです。

A社以外に調べていくと現在も学歴でフィルタリングをしている企業が存在しており、フィルタリングをする以下の理由があることもわかってきました。
(差し支えがあるので、詳細含めて本記事には記載いたしません)

  • 受験者が多いため大学名で足切りを行う
  • 過去の先輩社員の活躍傾向から出身大学をしぼる

いずれにしても採用側が自分たちの都合で採用試験と採用後の人間関係を合理的に進めることが学歴フィルターが作られてきた理由のようです。

また、このような話もありました。

2.B社の事例

企業

とある企業(便宜上B社とさせてください)を訪問した際のお話です。

B社担当「当社は学歴フィルターではないですが、決まった大学の研究室から採用する枠があります。」

ゆいきち「それは推薦枠ということですか?」

B社担当「はい。この研究室とは共同研究も行っていて、その関係もあり研究室から研究テーマを持ったままスライドして入社される方がいます。」

学歴どころか研究室まで決まった枠があるという話に驚きましたが、確かに推薦(特に理系)というものも今なお残っているのも現実です。

様々な形の学歴フィルターとその理由があることがわかりました。

また、企業側も自分たちの都合だけでなく、入社後の人間関係についてまで考えているところもありました。

この事例を聞いて学歴フィルターが100%悪いことではないと思ってしまったのは私だけでしょうか?

やはり大事なことは入社することでなく、入社した企業で活躍することであると考えています。

さらに、このような話もありました。

3.C社の事例

企業

とある企業(便宜上C社とさせてください)の採用担当からこっそり教えてもらった話です。

C社担当「当社は学歴フィルターとは言っても少し違うかもしれませんが、大学ごとにランク付けがされていて、そのランクに基づいて学生さんに選考試験等の案内を出しています」

ゆいきち「ランクに基づいて案内を出すということはどういうことでしょうか?」

C社担当「具体的に言えば、〇〇大学の学生の選考試験は〇〇日、××大学の学生の選考試験は××日という風にわけています。」

ゆいきち「わけることに何か意味があるのですか?」

C社担当「〇〇大学の学生で最初に枠を埋めて残った枠を××大学の学生で補填することができます」

ゆいきち「なぜ〇〇大学の学生にこだわるのですか?」

C社担当「これは上司からの命令なので、詳細はわからないのですが、うちの会社は社員は高学歴をウリにしているので・・・」

という事例もあり、会社の体裁を保つために学歴フィルターを使っている企業もあるようです。

※この会社の体裁というのは正直よくわかりませんが

学歴フィルターまとめ

今回、数社から学歴フィルターについてのお話を聞いて、学生さんに3点提言できることがあります。

  • 学歴フィルターにあった場合、ミスマッチであったと気持ちを切り替える
  • 学歴フィルターのある企業で、自分がフィルタリングされていると思っても入ってから苦労する可能性が高いので、この企業に入らなくてよかったと気持ちを切り替えることで、フィルタリングされた悔しい気持ちや悲しい気持ちが緩和されると思います。

  • 学歴フィルターではなく推薦応募枠があることを頭の片隅においておく
  • 本当の学歴フィルターではなく、推薦枠である可能性があります。推薦枠であるとわかった場合はすぐに自分の学部の就職担当の先生に推薦の話がその企業からきていないか確認をしてください。

  • 採用ホームページなどであからさまに出身大学に偏りがある場合は学歴フィルターがある可能性が高い
  • 出身大学にこだわっているところは学歴フィルターがある可能性が高いです。

 

学歴フィルターには賛否いろんなご意見があると思います。

ただし就活において、学歴フィルターが存在することは事実です。

自信を持てるような学歴がない方にとってはつらい現実かもしれません。

しかしながら、単に嘆いていても状況は改善しません。

資格取得のすすめ

資格

私は、自信を持てるような学歴がない方には資格取得を薦めています。

なぜなら、資格は学歴と同様に、一定レベルの能力を有していることを証明してくれる側面があるからです。

よく、「資格の取得には意味がない。」といった論説がありますが、

なにも行動しないよりは、資格取得のために勉強するほうがはるかに有意義かと思います。

もし、とりあえず資格の勉強をしてみよう。

といったやる気があれば、登録無料の「資格スクエア」の利用がおすすめです。

「資格スクエア」の詳細はこちら

 

「資格スクエア」は、様々な資格を動画で学習できるWebサービスです。

資格スクエアは、「IT×脳科学」をフル活用した全く新しいオンライン資格講座です。 スマホ・PC・タブレットがあれば隙間時間でいつでもどこでも何度でも勉強できます。 従来の通学型資格予備校や通信講座と違い資格スクエアは「IT企業」なので、勉強へのアプローチが全く異なります。

上記のような特徴があり、講義に就活と時間のない就活生にはぴったりの資格学習サービスかと思います。

実際私も登録してみましたが、

ITパスポート、情報セキュリティマネジメント 、AI検定、ドローン検定

など、昨今採用市場で価値が高いIT系の資格の講座が多数存在します。

 

本格的な学習は有料ですが、登録自体は無料ですので

少しでも興味があれば、是非登録してみてください。

「資格スクエア」に無料登録してみる

 

みなさんの就活を応援しています。

それでは。

Sponsored Link