【21卒】内定がすぐ出る?最速で内定を獲得する裏技(※体験談あり)

今回は、最速で内定を獲得できる裏技をご紹介します。

Get就活運営者の私は、この方法で当時6月解禁だった就活において、選考解禁前の12月に周りの誰よりも早く内定を獲得しました。

今、内定がもらえるか不安で焦っている人にも、

これから本格的に就活を始めるという人にも、是非目を通して欲しい内容です。

 

※「21卒ですぐに内定が出る企業を知りたい!」という方はこちら

Get就活

「就活エージェントサービスが何かよくわからない」「どこの就活エージェントサービスがいいのかわからない」「面談したエージェ…

狙い目は合説やイベント。出る杭になる。

出る杭

就活が始まると、「周りの就活生と同じに。目立ってはいけない。」というなんとも言えない暗黙の了解が生まれます。

似たようなスーツを着て、同じような質問を繰り返す。

こういった、「皆と同じでなければならない。」という罠にどんどんとはまっていってしまうのです。

この皆の思い込みこそがチャンスです。

まず、合説やイベントでは多くの就活生が、「企業の情報を聞く」ために参加しています。

しかしながら、実は合説やイベントへの参加姿勢こそ内定獲得のために重要なのです。

意識するのは一点だけ。

周りの就活生の逆張りをしろ。

これだけです。

ほとんどの就活生は、合説やイベントが始まると、

揃いも揃って有名企業に殺到します。

そして、「ただ情報を集める」もしくは「人事に気に入られようとする」

のどちらかの行動を取ります。

考えてみてください。

そういった企業には入社したい人が山ほどいます。

合説やイベントで語られる内容は、志望者誰もが知っている内容。

人事は話した学生のことなどいちいち覚えていない。

これが現実です。

では、どうするべきか。

実は、多くの学生が知らない大企業・優良企業にこそチャンスがあるのです。

合説やイベントを想像してみてください。

有名企業には就活生が殺到しています。

しかし、学生が知らない大企業・優良企業では席が空いていることが多いです。

そう、こういった企業のブースに積極的に向かうことが就活で内定を最速獲得する裏技なのです。

ちなみに、みなさんは、日本の企業の売上ランキングを見たことはありますか?

日経電子版の売上高ランキングコーナー。売上高ランキングにランクインした銘柄をご覧いただけます。上場市場や業種ごとに順位を…

まずは1位~100位くらいまでを見てください。

意外にも名前を知らない企業が多くあると思います。

日本で有数の大企業であっても、消費者向けの事業を手掛ける会社でなければほとんどの学生は知らないのです。

そして学生が知らない企業では、集まる学生が有名企業と比べると少ないです。

つまり、覚えてもらいやすいのです。

また、個別で質問ができる機会が多いので、かなりレアな業界情報を聞けることがあります。

実際、私も合同説明会を通して人事・役員に気に入られ、2次・3次選考を免除でいきなり社長面接を受け内定をもらったというエピソードがあります。(※ちなみに上場企業です)

ほとんどの学生が知らない大企業・優良企業を調べて、是非試してみてください。

ちなみに、学生が知らない大企業・優良企業を知るには、新卒就活エージェントを利用するといいです。

完全無料で面談してもらい、自分にあった優良企業を紹介してもらえます。

なお、別記事で新卒就活エージェントとは?なんで完全無料なの?
などの疑問を解説しています。

私が就活をしていた時の体験も含め、おすすめの新卒就活エージェントの紹介もしているのでよければ見てみてください。

Get就活

「就活エージェントサービスが何かよくわからない」「どこの就活エージェントサービスがいいのかわからない」「面談したエージェ…

志望業界オタクに。人事を驚かせる。

就活オタク

続いての内定を最速で獲得する裏技は、「受ける企業の属する業界に詳しくなること」です。

ただし、実は詳しいフリができれば大丈夫です。

 

なぜ、受ける企業の業界に詳しくなることが大切か。

それは、

「ほとんどの就活生が、実は業界情報について自分で勉強しない。」

これが最も大きな理由です。

基本的に、よほど就活に力をいれている最前線の就活生以外の業界研究は、

どこかの企業の説明会で聞いた情報の受け売りです。

つまり、業界研究のレベルは皆同じくらいなのです。

試しに、周囲の就活生に業界研究をどうやってしているか聞いてみてください。

具体的な回答は返ってこないと思います。

ではどうすればいいのか。

実は、周囲の就活生と差をつける方法は簡単です。

それは「毎日、新聞を読むこと」です。

たったそれだけです。

就活コンサルタントとして有名な、

村山涼一さん(新聞での業界研究のTwitterアカウントが有名です。)

も新聞での業界研究を勧めています。

新聞を読むくらいで差がつくわけがないと思うかもしれません。

しかし、周りの就活生は思ったより新聞を読んではいません。

周りがきちんと新聞を読んでいない中で、自分は新聞の内容を押さえる。

この、逆張りの思考が大切です。

是非、新聞を読む習慣を身につけましょう。

朝日新聞 すぐに使える「就活力」テクニックを見てみる

※現在朝日新聞社が、就活生向けのキャンペーンをしています。まずは、お試ししてみてください。

就活の暗黙ルールなんて無視。自分流を貫こう。

道

最後に重要なのは、「暗黙ルールに流されないこと」です。

周囲の就活生がなんと言おうと、自分流を貫いてください。

就活には、間違った常識がたくさんあります。

などです。

ですが、今あげたものは賛否両論あるかもしれませんが

私は全て間違っていると感じています。

それぞれ解説していきます。

・ナビサイトの解禁前に就活するのはおかしい。

→面接解禁前どころか、ナビサイト解禁前から内定は出ます。

私もナビサイト解禁前に内定をもらった経験があります。

それは、自己PR等を登録しておくだけで、企業からスカウトが来るスカウトサイトがあるためです。

キミスカのようなスカウトサービスを利用すればナビサイト解禁前の内定は全然可能です。

 

キミスカでスカウトを獲得する

実際にスカウトサービス『キミスカ』を利用して内定を獲得した就活生が書いてくれた記事があるので目を通してみてください。

Get就活

皆さん就職活動お疲れさまです。 うまくいっていること、うまくいっていないことの両方がありなにかと大変な日々だと思います。…

就活スカウトサービス

・目立ってはいけない。目をつけられると損だ。

→完全に嘘です。

むしろ目立つと企業の人事担当者は個別で声をかけてくれることもあります。

そこからリクルーターがついた経験が何度もあり、目立つことは絶対にプラスだと確信しています。

 

・会社の説明を聞くには、説明会に行かなければならない。

→これも思い込みです。

会社の説明を聞くにあたって最も良い方法は、間違いなく「会社に直接電話すること」です。

「◯◯大学の△△と申します。御社に興味があり可能であれば人事の方とお話させていただけないかと思いご連絡しました。」

これを電話で伝えるだけで大丈夫です。

断られることはほぼないです。(あくまで私の経験談ですが)

さらに、人事に個別で話を聞きに行ったその後は、頻繁に人事側から個別連絡が来るようになります。

中には、選考でのコツを教えてくれる人事の方もいました。

この、電話作戦は絶対に試してみるべきだと思います。後悔させませんよ。

 

また、最近では動画で会社説明を見て、気になった企業があればそのままエントリーができるサービスも出てきています。

動画で始める新しい就活の形!ねっとで合説

サイバーエージェント等、東証一部の大企業も多数参画しているサービスのようです。

・休学や留年すると就活が絶望的だ。

→半分ホントで半分ウソです。

さすがに1年間ただ遊んでしまうとマイナスですが、1年を使って留学に行く等すれば

ほぼ全てのケースでプラスに作用します。

実際、私の周りでプラスの理由で休学や留年した友人たちは、

某5大商社や外資コンサル、メガバンクなどかなりの大手企業に内定をもらっています。

プラスの休学等はむしろ経験したほうがいいのでは。とも感じています。

 

・学歴がないと大手企業や有名企業には入れない。

→これも一部ホントですが基本的にはウソです。

確かに学歴は、選考において影響ゼロではないです。

しかし、それは書類選考までの話です。

面接に入ると、学歴が理由で切られることは少ないです。

※ただし、1次や1次面接で出てくる人事担当者は学歴の低い学生を推薦すると早期離職した際などに責任追求されるのを嫌うため、積極的に推薦したがらないという側面はあります。

ですが企業の採用実績校を見れば、学歴が低くてもチャンスがあることはわかるはずです。

Get就活

今回はかつてより社会問題としてもとりあげられている学歴フィルターについてお伝えしていきたいと思います。学歴フィルターにま…

 

・コネを使うのはよくない。実力で勝負したほうがいい。

→絶対に利用したほうがいいです。恥は捨てましょう。

私も実は、就活をしている際にある大手金融機関の元トップが普段お世話になっている人で、

コネを利用させてもらったことがあります。(その企業には入社しませんでしたが)

結論、恐ろしいほど面接がトントン拍子になります。

余程おかしなことを言わない限り楽に内定を獲得することができます。

経験してみて言えますが、絶対にフル活用したほうがいいです。

親族など当たってみましょう。何人かはコネを持っている人がいるはずです。

就活において最速で内定を獲得する裏技まとめ

まとめ

以上、最速で内定を獲得する裏技を紹介させていただきました。

あまり試してみたくない方法もあったかもしれません。

しかし、1つでも試してみることができれば、

それだけで内定に1歩近づけます。

1つずつ1つずつ実行していきましょう。

みなさんの就活がうまくいくことを願っています。

番外編:内定がすぐに出る、出やすい企業

内定

 

  • ・すぐに内定が出る企業のランキングが知りたい
  • ・すぐに内定が出る企業の特徴が知りたい
  • ・すぐに内定が出る方法を知りたい

という声を多くいただいたので、こちらについてもお伝えしたいと思います。

すぐに内定が出る企業のランキング

こちら、さすがに企業名を記載するわけには行かないのでおおまかな情報をお伝えします。

※ベンチャーや中小企業の情報よりも、大手の情報を知りたいと思うので大手に限定して記載しています。また、こちらの情報は実際に就活をしていく中で得た情報、就活のエージェントとして勤務した際に得た情報を元に、独断と偏見で記載しておりますことご了承ください。

1位 金融機関、営業職

異論がある方もいるかもしれませんが、現在の金融機関(銀行や証券会社)はかなり内定が出やすくなっています。

これは、こういった業界が将来を不安視され、就活生から人気がなくなっていることが大きな要因かと思われます。

実際、学歴としてはいわゆるFラン大学から、大手金融機関に内定をもらったという後輩が多数います。

ただし、内定が出やすいのはあくまで営業としての採用で、投資銀行業務への配属を狙うなどであれば現在でも就職難易度は高いです。

また、金融業界の将来が明るくないのは明白なので、大手金融機関に就職後にその経験を活かして転職するようなキャリアが望ましいと思われます。

2位 不動産業界、営業職

こちらは、時代関係なく実はかなり内定が出やすいです。

具体的には、大手財閥系の不動産販売会社(特に投資用不動産を扱う企業)などが該当します。

◯◯不動産販売などの名称で総合職とは別に営業職専門で採用している企業や、採用コースを分けている企業の営業職orコンサルティング営業職コースが該当します。

※ただし同じ不動産業界でも、ディベロッパー系の総合職などは難易度とても高いです。

不動産業界の営業職採用は、もちろん企業によりけりですが実はFラン大学からも多数採用しています。

学歴がいまいちだが、根性はあるといった就活生は、こういった不動産会社の販売特化企業や営業特化職種を狙ってみてください。かなり内定率が高いです。

さらに、こういった企業は平均年収が異様に高く、インセンティブを含めると20代で年収2000万円というかたも一定数いる夢のある業界です。

ただし、一点注意なのはこういった企業、職種は離職率も異様に高いということです。ある不動産業界の企業で、営業特化採用コースの離職率を採用担当者に伺った際は、1年目離職率が60%と聞きました。

類似の企業も、近しい離職率であることが多いようなので、根性に自信があるという就活生以外は、内定獲得を目指さない方が良いかもしれません。

3位 人材業界、営業職

人材業界は、一部の就活生の中では非常に人気のある業界なのですが、内定が出やすい業界の1つでもあります。

こちらは、採用人数が多いことと、就活生全体で見るとあまり人気のない業界であることがその要因かと思われます。

人材業界で上場しており、かつ売上高が100億円前後、未満の企業などが狙い目です。

※R社やP社などの業界トップクラスは難易度がそれなりに高いです。

こちらも学歴があまり関係ない業界ですが、体感ですと日東駒専〜MARCH層が好まれる傾向にあります。

ただし、人材業界において注意すべきなのは離職率が高いかつ、年収が他業界と比べてあがりづらいことが挙げられます。

ある人材業の企業で、営業職採用コースの離職率を採用担当者に伺った際は、1年目離職率が40〜50%と聞きました。

一方で人材業界は、無形商材であるため長く勤めている社員が営業にとても強く、営業力の観点では非常に成長できるというメリットがあるため、営業力をつけてからの転職を前提として就職をおすすめしたい業界です。

4位 IT業界、エンジニア職(SES企業)

IT業界、しかもエンジニアについては、正直意外だと思われる方も多いでしょう。

ただし、内定が出やすいのはあくまでもSES企業です。

IT業界には3種類の企業があり、具体的には以下です。

  • ・自社サービス企業(自社でWebサービスを持っているIT企業)
  • ・受託開発企業(依頼されたシステムを作って納品するIT企業)
  • ・SES企業(自社のエンジニアを他社に派遣するIT企業)

この中で、上2種類は難易度高めですが、SES企業については難易度が低い傾向にあります。

というのも、上2種類の企業は生産性が高い社員を採用しなければ儲からないビジネスモデルである一方、SES企業はそうでなくとも売上があがる業界構造になっているためです。

それぞれ見ていくと、

自社サービス企業

自社サービス企業は基本的に、自社のシステムを改良したり、新たに開発を行い顧客からサービス利用料の支払いを受けることで売上をあげるビジネスモデルです。

受託開発企業

受託開発企業は基本的に、顧客から作って欲しいと言われたシステムを、自社で作り上げて納品することで売上をあげるビジネスモデルです。

SES企業

SES企業は基本的に、自社社員を企業に派遣し、月々決まった金額を派遣先企業から受け取ることで売上をあげるビジネスモデルです。

上記ビジネスモデルの特徴から、SES企業は未経験者を大量に採用し、研修をおこなったうえで企業に派遣する方式をとる企業が多いです。

そのため、エンジニアになりたいという気持ちがあるが経験がないといった就活生にこういった企業はおすすめです。

ただし、SES企業は年収が上がりづらい点、企業によってはほとんど研修なく他企業に派遣してしまうところもある点がマイナスポイントとして挙げられます。

SES企業で内定獲得を目指す場合は、研修が充実しているかどうかの確認を怠らないよう気をつける必要があります。

5位 BtoB(対法人事業)企業で就活生に知名度がない企業

個人的にはここを狙うのがもっともおすすめです。

具体的には、企業名が◯◯商会などの従業員数数百名〜数千名程の企業が該当します。

こういった企業は、30代で年収700〜800万円、離職率は3〜5%程度といった好条件の企業でも内定獲得の難易度が低いケースが多く見られます。

これは、BtoBメインの企業はほとんどCMを打たないため就活生の大半が知らないことが大きな要因です。

就活が後半(卒業前など)に差し掛かると、さすがに採用枠が埋まっているケースが多いですが、就活が本格的に始まったばかりの時期だと、そもそも応募が少数しか集まっておらず、ライバルが少ない状況で選考に進めるため、内定が出やすい傾向にあります。

具体的にこういった優良企業をどうやって探すか?といった点ですが、こういった企業の大きな特徴は「特定の領域、商品で世界No1」です。

世界No1の企業なら誰もが知っていると思いがちですが、例えば過去にソフトバンクグループが買収した半導体メーカーのARMはスマホのCPU(スマホを動かす頭脳となるチップ)の世界シェアがおよそ99%です。

ですが、買収されるまで就活生の99%はARMの名前を見たことも聞いたこともなかったと思います。

※ARMが内定の出やすい企業というわけではありません。あくまで例です。

こういった、世界シェアNo1だが知っている就活生が少ない企業は、優良かつ比較的内定が出やすいので非常におすすめです。

すぐに内定が出る企業の特徴

内定が出やすい企業の特徴

続いて、すぐに内定が出る企業の特徴ですが、こちらは以下です。

従業員数に対して採用数が多い企業

内定が出やすい企業のもっとも大きな特徴として、従業員数に対しての採用数の多さが挙げられます。

これは、以下どちらかの要因があります。

  • ・業績が良く、急遽人員を増やしたい
  • ・離職率が高く、新たに多数の採用をする必要がある

前者は非常に狙い目の企業です。正直見つけ出す難易度は高いですが、HPの過去の採用数推移を見た時に、採用数が多いが、その採用数に応じて従業員数が増えている企業は前者に該当することが多いです。

就活生からの知名度が低い企業

続いて挙げられる特徴として、就活生からの知名度の低さが挙げられます。

これは当然ですが、ライバルが少なくなるためです。

特に就活が本格的にはじまったばかりの時期には、応募者が本当に少ないので優良企業であっても難易度が低くなる傾向にあります。

親族、ゼミの教授がコネを持っている企業

残酷な事実ですが、やはりコネは最強です。

就活するにあたっては、恥ずかしさを捨てて親族やゼミの教授にコネのある企業がないか聞いてみたほうが良いです。

私も親族がコネのある企業を受けましたが、裏で役職者に話が通っているためか選考がポンポン進みました。

是非とも有効活用してみてください。

すぐに内定が出る方法

内定が出る方法

最後に、すぐに内定が出る方法ですが、これは以下です。

コネ

先にも述べましたが、コネが最強です。

どうしてもすぐに内定を獲得したい就活生は親族、ゼミの教授に土下座してでもコネを探しましょう。

就活エージェントを利用する

何度も推薦しており恐縮ですが、就活エージェントを利用するのも、内定が出やすくなる方法の1つです。

というのも、就活エージェントは、就活生を採用したい企業から就活生の紹介を依頼されている立場であるため、非常に細かくその企業の採用要件(採用したい学生の特徴、学歴フィルターなど)を聞いています。

そのため、就活エージェントは基本的には、企業の採用要件と照らし合わせて、面談する就活生が内定を獲得できる可能性のある企業しか紹介しません。

また、多くの就活エージェントでは、紹介する企業を内定の出やすさでおおまかにランクづけしており、面談の際に内定が出やすい企業を教えて欲しいと頼むと、複数社教えてもらえるケースが多いです。

そのため何らか抵抗がなければ、是非とも就活エージェントを利用してみてください。

なお、おすすめの就活エージェントについては以下にまとめているので参考にしてみてください。

Get就活

「就活エージェントサービスが何かよくわからない」「どこの就活エージェントサービスがいいのかわからない」「面談したエージェ…

 

今後とも就活生からの声を元に様々な情報をお伝えしていきます。

何卒よろしくお願いいたします。

Sponsored Link