誰もが感じる?就活の不安を解消するための考え方や具体的な方法を紹介!

この記事を読んでいるあなたは、

  • 就活が不安すぎてストレス…
  • 不安の解消方法を知りたい
  • 周りの人も就活への不安を感じているのか

と考えているかもしれません。

この記事では、そんな就活に不安を感じている方に向けて、解消するための考え方やその方法をご紹介していきます。

就活の不安は誰もが感じること

就活 不安

まず、就活の不安は、誰しも感じること。

特に今の世の中は、「働く」についての変化が激しい時代だからです。

例えば、こんな考え方や言葉をよく聞くのではないでしょうか?

  • 「大企業=安定」ではない時代だ
  • 人生100年時代だ
  • AIに取って代わられる仕事はダメだ
  • 給料よりも「やりがい」の方が大事だ

どこかで耳にしたことがあると思います。10年、20年前の「常識」が常識でなくなっているのです。さらには、SNSをはじめとして情報量が多すぎる時代でもあります。

自分がどの会社に行っていいのか、どういう業種が合っているのか、そもそも就職した方がいいのか、周りはどんな就活をしているのか…。

就活中に不安になるのは、ある種「当たり前」とも言えます。

ただ、その不安は「寝たら次の日に解決する」わけではありません。まずは、きちんと向き合うことが重要です!

なお、そもそも就活なんてする必要があるの?といった悩みのある方には、以下記事がおすすめです。

そもそも就活をする意味はあるのか?就活をするメリット

【21卒向け】Get就活公式LINEで完全無料で楽に内定を獲得するための情報を受け取る

Get就活公式LINE
内定獲得に必ず役立つ情報をお届け!

就活の不安を洗い出してみる

就活ノート

まず就活の不安を洗い出してみることがおすすめです。手順として、次の2つに取り組んでみましょう。

  1. メモや人に話すことで言語化する
  2. 不安の種類を振り分ける

1. メモや人に話すことで言語化する

メモや人に話すと、漠然と感じていた不安が言語化され、可視化されます。

そもそも不安に感じるのは、何をすればいいかわからないから不安なんですね。人間、知らないことは怖いです。

そのために、思ったことをとにかく紙に書いてみたり、人(先輩や同期)に話してみたりしましょう。

言語化すると、自分が何に対して不安に感じているのか知ることができます。

重要なのは、考えることから逃げないことです。

実は、考えないのは、楽でかんたん。一方で、考えるのは、面倒で難しいこと。まずは不安と向き合うことが重要です。

その際に意識すべきことは、何度も”Why(なぜ)”で深堀りすること。不安を細かいところまで落とし込むことで、深いレベルで言語化できますよ。

2. 不安の種類を振り分ける

メモする・人に話す、この次にやることは、その顕在化された不安の種類を確認することです。

不安の種類を振り分けると、次のアクションが取れるからです。

不安と言えば、例えば、

  • (1)社会人として働けるか不安だ
  • (2)働き始めてから、やりがいを持って働けるかわからない
  • (3)自分に合う職種がわからない
  • (4)そもそもどういう就活スケジュール感なのかわからない
  • (5)A会社とB会社で迷っている
  • (6)今見てる会社で本当に良いのかわからない など

様々な不安があると思います。

不安の種類を振り分けると言っても、「今解決できる問題なのか」それとも「将来の不安を先取りしているだけなのか」考えるだけです。

例で挙げた(1)(2)は、将来の不安ですよね。

将来の不安であれば、今感じる必要はありません。なぜそう感じるのか、もう一度深堀りして”Why”を考えてみましょう。

今解決できる問題であれば、それに対する適切な対策を取っていけばOKです。

【21卒向け】Get就活公式LINEで完全無料で楽に内定を獲得するための情報を受け取る

Get就活公式LINE
内定獲得に必ず役立つ情報をお届け!

就活の不安を解消する行動3選!

アルバイトで就活

不安の内容を捉えたら、あとは行動するだけです。

「行動」と言うと、大げさに聞こえますが、手元でできることからやれば大丈夫です。スマホ一つでできることも、立派な行動。そもそも不安について「考えている」ことも行動になります。

手元でできることとして、次の3点を考えてみてください。

  • さらに自己分析を深堀りする
  • オンラインとオフラインで情報収集する
  • 就活イベントや会社説明会に申し込む

さらに自己分析を深堀りする

すでに自己分析をやっている人もいるかもしれませんが、どれだけやっても自己分析は足りません。

就活の本や資料を使って、今一度、「自分が何が得意なのか」「自分は何が好きなのか」「どんなことを大事にしているのか」について考える機会を設けましょう。

そこが固まれば、安心して次のステージに進めます!

オンラインとオフラインで情報収集する

わからない・知らないから怖いという通りに、まずは情報を知りに行くことが解決方法となります。

  • ネット上で調べる
  • 会社のHPを読みこむ
  • 実際に働いている社会人に連絡する(友人に繋いでもらう)
  • 本を読む

特に、本を読んだり、社会人の先輩から情報を得るのはおすすめです。より生の声が聞けるのに加え、質が担保されているからです。

就活イベントや会社説明会に申し込む

もし不安の種類が、特定の会社や職種、仕事の内容についてであれば、早速自ら知りに行きましょう。

実際に、就活イベントや説明会に行くことで、自分の疑問を身を持って体感できます。会社や人事から行動力を評価されることもあります。

やはり、行動あるのみですね。

就活の不安を和らげて自分らしく過ごそう

喜び

今回の内容をかんたんにまとめます。

  • みんな就活は不安に感じる
  • 不安を言語化し、その種類について考える
  • 自己分析・情報収集・説明会(イベント)への参加などが有効
  • 不安に対して適切な行動をとる

誰もが不安に感じるからこそ、その不安を糧に行動できれば、他の人よりも差がつきます。

将来、社会人になって自分らしく楽しく働くためにも、今感じている不安を和らげて、貴重な就活の時間を過ごしましょう。

【21卒向け】Get就活公式LINEで楽に内定を獲得するための情報を受け取る

Get就活公式LINE

Sponsored Link