就活失敗したら人生おしまい? 内定ゼロでも大丈夫な理由と対処法

この記事をお読みの方は、

  • 就活に失敗したら人生おしまいだ
  • 自分の進路が不透明
  • 将来が不安でたまらない
  • 先が見えない

 上記のように考えているのではないでしょうか。

この記事では、就活に失敗したらどうしようと悩んでいる方向けに、内定ゼロでも大丈夫な理由と、やるべき対策を見ていきます。

就活に失敗しても大丈夫な理由3つ

チェック

結論から言うと、就活には失敗しても大丈夫です。

人生がそれで終わることはないので、適切な対処法を考えて前進すればいいだけのこと。

以下では就活に失敗しても大丈夫な理由を3つまとめました。

【21卒向け】Get就活公式LINEで完全無料で楽に内定を獲得するための情報を受け取る

Get就活公式LINE
内定獲得に必ず役立つ情報をお届け!

既卒3年目までなら新卒枠も可能

新卒で就活に失敗した人でも、卒業後3年目までは新卒枠で多くの企業に応募できます

もちろん現役の新卒に比べて不利は否めませんが、前向きに対策して自己アピールできれば就職は可能。

既卒ではなく新卒を狙うなら、1年目の早い段階にエントリーすればより可能性は高くなります

20代~30代向けの就職支援サービスがある

既卒になってから新卒枠を狙うのも、既卒枠で応募するのも、やはり1人では対処法がわからないですよね。

その場合は無料の就職支援サービスがあるので、活用しましょう。

就職エージェントなら多くが20代のうちは使えますし、ジョブカフェなどの支援施設も全国にあります

既卒におすすめの就職エージェントが、DYM就職

20代から30代まで使えるうえ、就職率が96%という驚異的な実績を誇っています。

就職エージェント

既卒、フリーター、第二新卒の方をメインに、書類作成から面接対策までしっかりサポートしてくれます。

メリットは何といっても、書類選考を省ける点。

経歴に関係なく、誰もが優良企業の面接まで進めるのです。

時間短縮になる分、1週間程度で就職が決まった人もいます。

オンライン面談も可能なので、気軽に相談してみましょう。

無料相談は以下から↓

DYM就職の詳細はこちら
経歴に関係なく利用可能。書類選考を必ず省ける無料のサポートサービス

本当にやりたいことを見つける時間がある

就活に失敗したと感じている人は、新卒で就活成功した人よりも、自己分析の時間が増えたとも言えます。

新卒で就活成功したが、自己分析ができていなくて企業を早期離職する人は後を絶ちません。

したがって、本当にやりたいことが何なのか見極める時間を設ければ、既卒での就活は成功させられる可能性が高まるのです。

就活に失敗したと感じているなら、まずは自己分析をして、本当にやりたいことを見つけてみましょう。

【21卒向け】Get就活公式LINEで完全無料で楽に内定を獲得するための情報を受け取る

Get就活公式LINE
内定獲得に必ず役立つ情報をお届け!

就活に失敗した原因を知る。その後の対策

確認

就活に失敗したと感じている人が行うべきなのは、原因の分析とその後の対策です。

ここからは具体的にやるべき行動をまとめていきましょう。

行きたい業界が明確だったか考える

就活に失敗した人の多くに当てはまるのが、業界研究が不十分だったという点です。

何となく楽しそうだからサービス業を受けたなど、漠然とした理由で就活をしていては、入社後もうまくいきません。

行きたい業界が明確に説明できるか、いま一度考えてみてください。

不採用の理由を考える

不採用の理由を分析することも大切です。

スーツが汚れていた、挨拶ができていなかったなど、基本的なことで落とされるパターンも多いのが現実。

何が不採用の理由なのか、書類や面接の細部を思い返して考えてみましょう。

また就活エージェントを利用して、面接の練習をしてもらえば、その場で何が問題かがわかるので活用しましょう。

こだわりが強すぎないか確認

大手企業、充実した福利厚生、丸の内エリアのオフィスなど、こだわりは誰にでもありますが、あまりにも高望みしていないか確認しましょう。

就職後はあくまで仕事が人生のメインですから、好条件にこだわりすぎると、その条件と食い違っただけで仕事への情熱も失いかねません。

いったんこだわりを捨てて、譲れない点、妥協しても良い点を書き出してみるのがおすすめです。

「就活失敗」と考えてはいけない。やるべき行動

要点

就活に失敗したという人向けの情報を紹介してきましたが、重要なのは「就活失敗と考えてはいけない」ということ。

内定ゼロなのは正しい選択ができていなかっただけで、失敗ではないのです。

今すぐ考え方を転換して、人生の選択肢を見つけましょう。

就職支援サービスを使う

先述した通り、就職支援サービスはたくさんあります。

就活エージェントに登録すれば、予想以上に早く内定が出ますので、まずは相談をしてみましょう。

エントリーから内定までしっかり支援してもらえますよ。

ブランクを作らないためには就職浪人もアリ

どうしても既卒やフリーターという響きに抵抗がある人は、大学に籍を置いたまま就職浪人をするのもアリです。

学生証がある限り、大学の就職支援も引き続き利用できますし、身分が確定しているので社会的信用も得られるでしょう。

フリーターやフリーランスという選択肢

フリーターやフリーランスになる人も増えていますが、生き方が多様化している中、間違った選択肢ではないでしょう。

フリーターだと経済的に厳しいとはいえ、時給の高いアルバイトで自由時間を確保しつつ就活するのも良いでしょう。

また正社員でもブラック企業でうつになり退職すれば収入はゼロです。

それに比べれば休みを調整しやすいフリーターで少しでも貯金をする方が良いと、あえてその選択をする人もいます。

フリーターだからと言って、肩身の狭い思いをする必要はないのです。

フリーランスは始めたばかりだとなかなか稼げないとはいえ、アルバイトと掛け持ちで事業を展開し、独立を果たす人も少なくありません。

最初から諦めずに、自分の得意分野を活かして独立の手ほどきを受けられる場所を探すのも良いでしょう。

就活失敗は人生の終わりではない

未来

就活失敗は、自分で失敗だと思い込んでいるだけというパターンが多いです。

新卒で就職できなかったからと言って、人生が終わるわけではありません

生き方が多様化する中、自分は負け組だなどと思い込まずに進んでいけば、あっさり就職先も見つかるものです。

悲観せずに、自分に合った正しい行動を起こしてみてください。

 

 

【21卒向け】Get就活公式LINEで楽に内定を獲得するための情報を受け取る

Get就活公式LINE

Sponsored Link