グッドポイント診断は使える? 適職を知りたい方必見の活用方法

この記事をお読みの方は、

  • グッドポイント診断の評判を知りたい
  • 自分の適職を見つけたい
  • 転職を成功させたい

上記のように考えているのではないでしょうか。

この記事では、自己分析ツールとして有名なグッドポイント診断について、実際の評判や利用方法を見ていきます。

本当の適職を見つけたい方は必見です。

グッドポイント診断で適職が見つかるのか? サービスの内容

グッドポイント診断は、質問に答えると18種類の強みから自分の強み5つを教えてもらえる無料の自己分析ツール

就職活動に必須の自己アピール対策として、利用されています。

以下で、グッドポイント診断のサービス内容を見ていきましょう。

【21卒向け】Get就活公式LINEで完全無料で楽に内定を獲得するための情報を受け取る

Get就活公式LINE
内定獲得に必ず役立つ情報をお届け!

グッドポイント診断の運営会社

グッドポイント診断は、株式会社リクルートキャリアが運営しています。

2020年時点では9万件以上の求人を持つ、業界最大手の企業です。

転職希望者向け支援サイトのリクナビNEXTを運営しており、グッドポイント診断はこのリクナビNEXTが提供しています

18種類の中から自分のタイプがわかる

グッドポイント診断の特徴である、18種類の強み

「親密性」、「冷静沈着」、「挑戦心」などがあり、そこから自分に当てはまる5つをピックアップしてくれます。

たとえば「自立」に当てはまれば、そこから「何事にも主体的に取り組めます」という自己アピールができるでしょう。

グッドポイント診断の評判

実際の評判はどうなのでしょうか。

利用者の声を見てみると悪い評判と良い評判がありました。

【21卒向け】Get就活公式LINEで完全無料で楽に内定を獲得するための情報を受け取る

Get就活公式LINE
内定獲得に必ず役立つ情報をお届け!

悪い評判

  • 当たっていない
  • 自己アピールにまとめられない

診断結果が当たっていないと感じた人もいるようです。

ただグッドポイント診断は、無料にもかかわらず300問の質問に答えるので、かなり信ぴょう性は高いはず。

自分では予想もできない可能性が広がる場合もあるので、当たっていないと考える前に、結果を再度確認して自分のタイプをまとめることをおすすめします。

また、5つの強みを提示されただけでは自己アピールにまとめられないという意見もありました。

その場合は、エージェントに登録してアドバイザーに結果を見せるのが良いでしょう。

アドバイスをもらいながらであれば、5つの強みを一貫性ある自己アピールにまとめられるはずです。

 

次に良い評判も見ていきます。

良い評判

  • よく当たっている
  • 想像以上に自分を知ることができた
  • 自分の気づかなかった性格を知った

よく当たっているという声の他、自力では気づけない自分の性格を発見したという声もありました。

やはり自分を客観視するツールとして、受けて損はない診断ですね。

グッドポイント診断で適職を見つけるには? 利用の流れ

流れ

グッドポイント診断の利用の流れを見ていきましょう。

無料で簡単にできるので、今すぐやってみてください。

リクナビNEXTに登録

まずはリクナビNEXTに会員登録をします。

リクナビ

メールアドレスで仮登録をした後、プロフィールを入力して会員登録完了です。

テストの内容と所要時間

テストは全部で300問あり、所要30分ほど。

時間のあるときに集中して行える場所でやりましょう。

グッドポイント診断の注意点

注意点は以下です。

  • 1人1回しか受験できない
  • 途中保存ができないため、その場でやりきる
  • 深く考えず直感で答える

1回のみの受験ですが、意外と時間がかかるので、余裕をもって取り組みましょう。

グッドポイント診断で適職を見つるための活用方法

メモ

適職を見つけるために必要な、グッドポイント診断の活用方法をご紹介します。

今すぐ適職を知りたい方は必見なので、チェックしてみてください。

自分の強みを把握する

自分の強み5つがわかったら、それをしっかり把握しましょう。

単にこれが強みだと理解するだけでなく、一貫性ある自己アピールにするために、それらの強みに向いている仕事を調べるのがおすすめ。

柔軟性があるならマルチタスクが得意かもしれません。

だとすれば事務職に向いている可能性が高いなど、まずは箇条書き程度にまとめつつ、自分に合った仕事を考えてみてください

そのうえでエージェントに相談すれば、より自己理解が深まった状態で適職を見つけやすくなります

診断結果を参考に自己PRを作る

なかなか難しいかもしれませんが、まずはアドバイザーに頼らず、自力で自己PRを作ってみるのもおすすめ

診断で強みがわかれば、自己PRは意外とすんなり浮かんできます

強みを活かしてどう頑張ってきたか、これからどう頑張れるかをまとめましょう。

あとは5つの強みに一貫性を持たせられているか、アドバイザーなど第三者に確認してもらえば完璧です。

弱みも明確にする

意外と重要なのが、弱みも明確にすること。

強みを眺めていると、つい得意なことばかりまとめがち。

もちろん面接では得意なことをアピールしますが、自分の中では苦手なことも把握しておく必要があります。

自分に足りていないこと、やりたくない仕事を明確にすれば、就職後のミスマッチを防げるためです。

自分の強みがわかったら、あえて弱みにも目を向けてみましょう。

グッドポイント診断の活用方法まとめ。正しい適職探しのコツ

キャリアウーマン

グッドポイント診断の効果的な活用方法は以下です。

  • 強みと弱みの把握
  • 強みを一貫性ある自己PRにまとめる
  • エージェントを利用し、アドバイザーに診断結果を見せる

グッドポイント診断は無料ツールの中では、圧倒的に質が高いです。

正しく活用して、本当の適職を探しましょう。

【21卒向け】Get就活公式LINEで楽に内定を獲得するための情報を受け取る

Get就活公式LINE

Sponsored Link