内定承諾書の封筒マナー。書き方から入れ方まで詳しく解説!

この記事を読んでいるあなたは、

  • 内定承諾書を入れる封筒の書き方が知りたい。
  • 内定承諾書の封筒への入れ方が知りたい。
  • 内定承諾書を入れる封筒についての注意点を知りたい。

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに内定承諾書の封筒マナーとして、書き方から入れ方までお伝えしていきます。

内定承諾書の封筒マナー

企業から内定承諾書が郵送されてきたら、できるだけ早く返信することが大切です。

これから解説する、注意点と封筒マナーをしっかりと押さえるようにしましょう。

【21卒向け】Get就活公式LINEで完全無料で楽に内定を獲得するための情報を受け取る

Get就活公式LINE
内定獲得に必ず役立つ情報をお届け!

書く位置に注意して丁寧に書く

封筒に書く住所や宛名は、書く位置に注意し、バランス良く丁寧に書きことを心がけましょう。

住所や宛名を書く位置や、丁寧に書かれているかなど、見ている担当者は見ています。

字の綺麗さには個人差がありますが、丁寧な字は誰にでも書くことができますので、しっかりと書きましょう。

また、たまに宛名や住所を書いていくに連れて、斜めにななっていく人がいますが、できるだけ直線上に書くように心がけてください。

住所と宛名は略字を使わずに正しく書く

人によって字の書き方には癖があります。

住所や名前などの使われる漢字を簡略化して書く人がいますが、略字は使用せずに正式な漢字を書くようにしましょう。

内定承諾書の封筒の書き方

封筒

ここでは、内定承諾書を入れる「封筒の書き方」を解説します。

縦書きでも横書きでもどちらでも構いません。

【21卒向け】Get就活公式LINEで完全無料で楽に内定を獲得するための情報を受け取る

Get就活公式LINE
内定獲得に必ず役立つ情報をお届け!

表面の書き方

封筒の表(おもて)面には、「住所」「宛名」「内定承諾書在中」の3つを書きます。

企業から返信用封筒が同封されている場合は、修正しなければならない部分があるので注意しましょう。

住所

住所は、都道府県名から書き、建物名(ビル名など)があれば省略せずに書きましょう。

※切手と郵便番号を忘れないように注意してください。

宛名

担当者宛てに送る場合:「企業名」と「部署(課)名」と「担当者名」を書き、敬称は「様」と書きます。

企業の部署宛てに送る場合:「企業名「と」部署(課)名」を書き、敬称は「御中」とか書きます。

※宛名に書く企業名は(株)といった略字を使用せずに、正式に「株式会社」と書きます。

内定承諾書在中の表記

これについては書かなければNGということはありません。

ただ、企業に届いた際に何の書類なのかが一目で分かるため、書くことをおすすめします。

この記載は、必見あずさ赤いペンを使用しましちょう。

縦書き:左下に縦書きで「内定承諾書在中」と書き、枠で囲みます。

横書き:右下に横書きで「内定承諾書在中」と書き、枠で囲みます。

上記のように、縦書きか横書きかによって、書く位置が異なるので注意しましょう。

裏面の書き方

封筒の裏(うら)面には、「日付」「差出人」「封字」の3つを書きます。

この3つの記載は、裏面の左半分のスペースに書きましょう。

日付

投函する日を、左上の位置に記載します。

例:令和〇年〇月〇日

差出人

自分の郵便番号、住所、氏名を書きます。

※表面同様、都道府県名から書き、建物名(ビル名など)があれば省略せずに書きましょう。

封字

のり付けの後に「〆」の字を書きます。

内定承諾書の封筒の選び方と入れ方

まとめ

ここでは、内定承諾書を入れる「封筒の選び方と入れ方」を解説します。

封筒を選ぶ際は、中身の書類が透けないように、二重になっている封筒を選びます。

封筒の色は白にする

基本的には、白地の封筒を選びましょう。

もし、白地の封筒が用意できない場合は、茶封筒でも構いません。

封筒は内定承諾書のサイズに合わせる

封筒のサイズは、郵送されてきた内定承諾書のサイズによって決めましょう。

内定承諾書に折り目が無い場合:「角型2号」

内定承諾書が折り目がある場合:「長型3号」

角2型の封筒を使う場合は、クリアファイルに入れてから返送しましょう。

※上記の封筒サイズは、内定承諾書がA4サイズの場合です

返信用封筒は「様・御中」に書きかえる

返信用封筒も合わせて郵送されてきている場合は、その封筒を使用します。

この場合は、宛名の「行」となっている部分に二重線を引き、「様」もしくは「御中」と書きかえます。

裏面については、「裏面の書き方」の通りです。

封筒はのりでとめる

封筒は「セロハンテープ」や「ホッチキス」などを使わずに、必ず「のり」を使ってとめましょう。

内定承諾書の封筒はマナーを守って丁寧に

内定承諾書が届いたら、返送を忘れるといことが無いように、マナーを守ってできるだけ早く企業に返送するようにしましょう。

最後まで気を抜かず、丁寧な返送をして、気持ちの良い入社を迎えてください。

【21卒向け】Get就活公式LINEで楽に内定を獲得するための情報を受け取る

Get就活公式LINE

Sponsored Link