低学歴でも就職はできる?学歴Fランの成功ポイントはココ!

この記事を読んでいるあなたは、

  • そもそも低学歴では就職が難しいのかを知りたい。
  • 低学歴でも就職を成功させる方法が知りたい。
  • 学歴フィルターを気にするべきか知りたい。

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに低学歴でも就職ができるのか︖その疑問に対する答えと、就職を成功に導くためのポイントをお伝えしていきます。

低学歴でも就職ができるのか︖

入室の流れ

低学歴はまともな就職は出来ない。

学歴Fランは履歴書(書類審査)で落とされる。

そんな話を耳にすることがありますが、実際はそんなことありません。

【21卒向け】Get就活公式LINEで楽に内定を獲得するための情報を受け取る

Get就活公式LINE
内定獲得に必ず役立つ情報をお届け!

就職はできる

hairstyle-End

結論からいうと、就職はできます

学歴Fランであっても、就職ができないということはまずありません。

確かに、高学歴は大きなステータスですし、高学歴でないと就職することが厳しい企業も中にはあるでしょう。

しかし、就職は学歴が全てではありません。

就職に大切なモノ

もし、学歴を重要視する企業があったとしても、学歴だけで採用されることはまずないでしょう。

では、大切なモノとは何か?

それは「人間力」と、その企業(仕事)に対する「意欲」です。

「人間力」というのは、要はコミュニケーション力や協調性、リーダーシップ、忍耐力といった人間の中身の部分です。

そして、「意欲」というのは就職に対してどれだけの熱意をもっているか。ということです。

低学歴でも就職を成功に導くポイント

ポイント

ポイントを押さえる以前に大切なことは、自信を持つ。ということです。

自分に自信がない状態で就活をおこなっていては、上手くいくものもいきません。

【21卒向け】Get就活公式LINEで楽に内定を獲得するための情報を受け取る

Get就活公式LINE
内定獲得に必ず役立つ情報をお届け!

ライバルに気持ちで負けない

まず、同じ企業を受ける就活生は全員ライバルと考えましょう。

ここで大切なのは、この企業に入社したい、ライバルに負けないという熱意です。

相手がどのような学歴だろうと関係ありませんので、周囲に気押されせず、自分の中身に自信をもって面接に臨みましょう。

大企業にこだわらない

就職は、大企業が全てではありません。

もし、大企業に目標を絞っている場合は、中小企業まで視野を広げてみましょう。

中小企業の中には、これまでにないようなユニークな採用試験を行っている企業もあります。

また、ベンチャー系は、仕事に対する熱意や、コミュニケーション力、協調性といった対人スキルを重要視している企業も多くありますので、自分の強みを活かすことができる企業が見つかるかもしれません。

面倒くさがらずに面接の練習を行う

「面接の練習なんて面倒だ」と思うかもしれませんが、面接の練習は必ずやっておきましょう。

どのように入室して何を話せば良いのかなど、頭では分かっていても本番ではそれが上手くできない。というのはよくあることです。

本番の面接をイメージして、面接室への入室から退出までの動作を練習する。実際に交わすであろう会話を声に出して練習する。など、一通りの練習で自分を慣らしておくことはとても大切です。

自分の得意分野を活かす

自分の得意分野を活かすことができる企業や職種に臨みましょう。

面接ではその得意分野を、実際の仕事ではどのように活かすことができるのか。という部分が大切になってきます。

できるだけ自分の得意分野を活かし、企業と自分の得意分野をリンクさせることを考えましょう。

低学歴でも就職活動で学歴フィルターは気にしない

学生

低学歴だからといって、学歴フィルターを気にする必要はありせん。

学歴が全てではない

就職に大切なモノは、学歴だけではありません。

例えば、高学歴といわれる、東大や慶應といった有名大学に在学している学生は、必ず内定が取れるのでしょうか?

答えは、NOです。

どんなに高学歴でも、就活で落とされることがあるのです。

このことからも分かるように、就職というのは学歴が全てではありません。

ただ、入社試験として、ある程度の学力基準を設けている企業は比較的多く、その学力レベルに達していることが最低条件になっていることはありますので、そういった企業を受ける場合は、もちろん勉強をしておく必要があります。

採用見送りは必ずしも悪いことではない

企業各々には理念や社風があり、それに合う人もいれば、合わない人もいます。

採用見送りになったとしても、それはあなたが劣っているのではなく、入社してもあなたと企業がマッチしない可能性が高いということです。

逆に「あの企業から落とされたおかげで、本当に自分に合った企業と出会うことができた」ということもあるため、必ずしも採用見送りは悪いことではありません。

低学歴でも気にしない。大切なのは「あなたの中身」

中身

自分に自信を持ち、低学歴なんて気にしないことです。

多くの企業が着目する本当に大切な部分は「あなたの中身」であり、学歴ではありません。

低学歴で心配している方は、是非この記事で紹介したポイントを参考にしてみてください。

【21卒向け】Get就活公式LINEで楽に内定を獲得するための情報を受け取る

Get就活公式LINE

Sponsored Link