面接での正しいノックの回数は?好印象な入室方法まで詳しく解説!

この記事を読んでいるあなたは

  • 面接で入室するときに扉を何回ノックするのが正しいのか知りたい
  • 普段は2回ノックすることが多いけれど面接で2回は良くないと聞いたことがある
  • ノックの回数以外に入室するときに気をつけることは何か

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに面接での正しいノックの回数と、回数以外に気をつける点をお伝えしていきます。

就活の面接での正しいノックの回数

ノックの回数

【21卒向け】Get就活公式LINEで完全無料で楽に内定を獲得するための情報を受け取る

Get就活公式LINE
内定獲得に必ず役立つ情報をお届け!

就活の面接では3回

面接でのノック回数は3回がベストです。

その理由は日本の企業ではノックは3回が一般的なマナーとされているからです。

世界標準公式マナーの「プロトコールマナー」ではノックの回数は次のように定義されています。

  • 【2回】トイレなどでの在室確認
  • 【3回】親しい人、家族、友人などに対しての在室確認
  • 【4回】ビジネスなど公式な場所での入室確認

プロトコールマナーを基準に考えるとノックは4回では?と思うでしょう。

確かに公式マナーに沿って考えると4回ノックすべきです。

しかし日本では3回が正式なマナーとして認識されており、4回だと少ししつこいと思われることが多いようです。

4回でも間違いではありませんが、こだわりがないのであれば3回にしておきましょう。

外資系の企業では4回

外資系企業の面接では4回ノックするのがベストです。

外資系の場合は国際基準で判断する企業が多いので、プロトコールマナーに従いましょう。

中には3回のノックでもかまわないとしている企業もあります。

しかし「4回がマナーなのにできていない」と思われてしまう可能性もあるので4回ノックするのが良いでしょう。

回数のほかに気をつけるべきノックのマナー

ノックのマナー

【21卒向け】Get就活公式LINEで完全無料で楽に内定を獲得するための情報を受け取る

Get就活公式LINE
内定獲得に必ず役立つ情報をお届け!

優しくノックする

人差し指または中指の第2関節を使って「コン、コン、コン」と優しくノックしましょう。

「ドン、ドン、ドン」と強く叩いてしまうと印象が悪くなってしまいます。

その一方でノックの音が小さすぎると面接官に気づいてもらえません。

ノックは面接の一番初めにすることです。

緊張して思わず強くノックしてしまうこともあるかもしれません。

事前に練習しておくことで印象の良いノックの強さと速度を把握しておきましょう。

返事がなかったらもう一度ノックする

ノックをしたのに何も返事がない場合は少し待ってからもう一度ノックしましょう。

反応がないからと言って恐る恐る扉を開けるのは印象が悪くなります。

2回目のノックでも返事がない場合は扉を開けて入室します。

「失礼いたします」と言ってから開けると良いでしょう。

ノックをする時の気になる疑問

疑問点

ノックの回数を間違えたら面接の合否に影響はあるのか

「2回しかノックをしなかった」「ノックを忘れてしまった」それが不合格の理由になることはまずないでしょう。

あなたが面接官の立場になって考えてみてください。

ノックが2回だったからと言って不合格だと決めるでしょうか。

やはり話す内容や立ち振る舞いで合否を判断すると思います。

とはいえ、人によっては「基本的なマナーができていない」と少し不快に感じるかもしれません。

直接合否に影響しないとしても気をつけておきましょう。

扉がない場合でもノックは必要なのか

  • 扉がない場合
  • 扉が既に開いている場合

このようなケースではノックの必要はありません。

本来ノックとはドアを開けて入室することを相手に伝える合図だからです。

とはいえ、無言で入室するのは印象が良くありません。

入り口の前で立ち止まり「失礼いたします」と一礼してから入室しましょう。

好印象を与える入室から着席までの流れ

入室のマナー

面接官から声がかかったら扉を開ける

扉を3回ノックして「どうぞ」と声がかかったら「失礼いたします」と言ってからドアを開けます。

集団面接の場合は前の人に続いて入るのであればノックは不要です。

静かに扉を閉める

入室したら扉の方を向いて静かに閉めましょう。

面接官の方を向いたまま後ろ手で閉めるのは失礼です。

閉めるときは片手で問題ありません。

ドアノブが左側の場合は右手で、右側にある場合は左手で閉めましょう。

入室のときは鞄を持ってるので両手で閉めるのは不自然です。

閉め終わるまでドアノブから手を離さず、大きな音が響かないよう注意してください。

扉の前で一礼して挨拶をする

扉を閉めたら面接官の方に向き直ってお辞儀をします。

「本日はよろしくお願いいたします」など挨拶をしましょう。

背筋を伸ばして30度の角度でお辞儀をすると綺麗に見えます。

椅子の横に立つ

一礼した後は歩いて向かい椅子の横に姿勢を正して立ちましょう。

椅子のどちら側に立てば良いのかというと、扉に近い側が正解です。

例えば扉から見て左側に椅子があれば、椅子の右側に立ちます。

もし扉の正面に椅子があるときはどうしたらいいでしょうか。

その場合は右利きの人は右側に、左利きの人は左側に立つと良いでしょう。

面接官に声をかけられたら着席する

面接官に「どうぞ」などと声をかけられたら「失礼いたします」と一言添えて浅く一礼してから椅子に座りましょう。

座るときは背もたれにもたれないよう浅めに腰掛けてください。

 

以上が着席までの流れです。

スムーズに入室できると面接官からの印象がグッと良くなります。

何度も練習してから面接に臨みましょう。

まとめ 就活の面接でのノックの回数は3回

面接のノックは3回

面接でのノックの回数について解説をしました。

就活の面接では3回、ただし外資系企業の場合は4回と覚えておきましょう。

面接では面接官にどれだけ貴社で働きたいかという熱意と自分の能力をアピールできるかが一番大切です。

とはいえ、入室の仕方など基本的なマナーがしっかりできていると印象良く映ります。

たかがノックの回数と侮らずに入室の流れとあわせて練習しておきましょう。

【21卒向け】Get就活公式LINEで楽に内定を獲得するための情報を受け取る

Get就活公式LINE

Sponsored Link