【21卒向け】業界別SPIテストセンター実施企業一覧と対策法

就職活動の第一関門といえば
エントリーシートとテストですね。

テストにも色々あり
志望企業に合わせた対策が必要になります。

そこで今回はその中でも特にSPIテストセンターに注目して

・SPIテストセンターとは一体どのようなテストなのか
・SPIテストセンターを実施している企業はどこなのか
・SPIテストセンターはどのように対策したらいいのか

を解説していきます。

SPIテストセンターとは?

【21卒向け】Get就活公式LINEで完全無料で楽に内定を獲得するための情報を受け取る

Get就活公式LINE
内定獲得に必ず役立つ情報をお届け!

SPIとは

SPIテストセンターはSPIという就活生向けのテストを
テストセンターという専用の会場で受ける形式のことを指します。

SPIとはSynthetic(総合的な) Personality(個性) Inventory(評価)の略で
リクルート社が作成しているテストです。

他に就活生が受ける代表的なテストに
玉手箱、TG-WEB、CAB、GABなどがありますが

その中でも多くの企業が採用しているのがこのSPIです。

SPIの3つの受験方式

SPIには大きく分けて3つの方式があります。

①テストセンター
②Webテスティング
③ペーパーテスト

①のテストセンター方式というのは
指定された会場にいき
その会場のパソコンでテストを受ける形式

②のWebテスティングは自分のパソコンを用いて受ける形式

③のペーパーテストは企業が用意した試験会場で
試験を受ける形式です。

SPIにおいては、ほとんどの企業が
会場受験であるテストセンター 形式を採用しています。

SPIテストセンターの科目

SPIテストセンターの科目は
まず大きく「能力検査」と「性格検査」に分かれます。

どちらも名前の通りですが

能力検査は働いていくにあたって必要な基礎能力があるかのテスト
性格検査は能力以外の人間性、人となりなどを把握するためのテストです。

能力検査は
①言語
②非言語
③英語
④構造把握

の4種類に分かれています。

これら能力検査の4科目+性格検査の1科目の全てをやるとは限らず
企業ごとに決められたいくつかの科目を受けることになります。

例えば
「言語・非言語・性格診断」の3科目
という組み合わせは多くの企業で採用されいてる組み合わせです。

【21卒向け】Get就活公式LINEで完全無料で楽に内定を獲得するための情報を受け取る

Get就活公式LINE
内定獲得に必ず役立つ情報をお届け!

業界別テストセンター実施企業一覧

testcenter2

業界別にテストセンター を実施している
代表的な企業を紹介します。

IT・通信

ソフトバンク、LINE、ヤフー、NTTコミュニケーションズ

コンサル

アビームコンサルティング、ボストン・コンサルティング、三菱総合研究所、野村総合研究所

総合商社

伊藤忠商事、丸紅、三菱商事、双日、豊田通商

金融

ゴールドマンサックス、三井住友海上火災保険、住友生命保険、損保ジャパン日本興亜

メーカー

パナソニック、ソニー、キーエンス、アステラス製薬、明治、トヨタ自動車、ブリジストン、アシックス、江崎グリコ、デンソー

広告・マスコミ

電通、博報堂、アサツーディ・ケイ、NHK、フジテレビ

インフラ

日本航空(JAL)、全日本空輸(ANA)、JR東日本、東京急行電鉄

 

各種業界の名だたる企業が採用している様子が分かりますね。
就活生にとってはSPI対策は避けては通れない道であることがわかります。

SPIテストセンターの対策

testcenter3

SPIテストセンター対策用の本

SPIテストセンターをどのように対策するかとなると
1冊参考書を買って対策するというのが一般的でしょう。

候補①
2021最新版 史上最強SPI&テストセンター超実践問題集』(ナツメ社)

Amazonで詳細を見る

ナツメ社から出ているこの対策本は問題量の多さが売りの1つで
徹底的に対策したい人向けの本となってます。

候補②
これが本当のSPI3テストセンターだ! 【2021年度版】』(SPIノートの会)

Amazonで詳細を見る

SPIのテストセンター 対策に特化した本です。
志望企業がテストセンターの実施だとわかって言えれば
テストセンター 対策に特化することで効率的な学習をすることができます。

候補③
7日でできる! SPI[頻出]問題集 2021年度版 』(就職対策研究会)

Amazonで詳細を見る

上記2冊と比べると薄い本となってます。
「対策にかける時間があまりない!」
という方で短期間集中で対策したい、という方におすすめの本です。

第一志望でない企業での練習

テストセンターでの試験は全てパソコンを用いて行われます。
大学受験までで、あまりパソコンのテストというものを受けることがないと思います。

ましてやテストセンターという慣れない場所で
自分のパソコンでもないのでの実施ということで
慣れないと中々難しいものがあります。

なので、第一志望の企業を受ける前に
別途テストセンターを実施している企業にエントリーし
練習をしておくことをおすすめします。

 

本番形式で練習をしておいた方が良い理由はもう1つあります。

それはテスト結果が同じであれば使いまわせるということです。

練習のつもりで受けても、もし手応えが良ければ
再度試験を受ける必要がなく、その結果を使い回すことができます。

なので練習企業を受けない理由はないですね!

ただ、注意点もありSPIではテスト結果の点数を教えてもらうことができません。
そこで1つの方法として

SPIの合格難易度が高いと言われている企業でSPIを受けてみるという方法があります。

具体的にはボストンコンサルティンググループ、アビームコンサルティング、野村総合研究所、ゴールドマンサックスなどが合格点が高いと言われています。

もし上記企業に興味があるわけではないが
テストセンターの練習企業として受験して
面接に進めるとなったらなば、SPIではある程度の成績をとっていると考えて良いでしょう。

志望企業に合わせてSPIテストセンター対策をしよう!

testcenter4

ほとんどの受験生が経験する
就活の最初の関門SPIテストセンター。

ここを突破しないと
自分の魅力を伝える面接にすらたどり着けません。

それは悔しいですよね。

自分の持っている力を最大限出すためにも
参考書での対策や、本番形式での練習は不可欠です。

自分の志望企業に合わせて
ぜひ、無事最初の関門を突破してください。

【21卒向け】Get就活公式LINEで楽に内定を獲得するための情報を受け取る

Get就活公式LINE

Sponsored Link